りろに〜ぷWEB

  
  2019年 5月 1日 【ライブ】TECHNOざんまいでお腹いっぱい
  2018年12月22日 【NAS】LinkStationがお亡くなりに・・・
  2018年12月 8日 【Qi】無線充電を試してみた!
  2018年12月 2日 【PC】アップデート後の使用感
  2018年11月24日 【PC】マザー壊した・・・【アップデート】

  2018年10月22日 
【PC】新作レースシムとPCアップデート【Assetto Corsa】
  ひる


9月13日、予定通りAssetto Corsaの新作、「Assetto Corsa Competizione」がアーリーアクセスリリースされました。
まあようするにベータ版ですが、今の時点で購入(2570円)しておけば、来年の正式リリースも無料で受けられるので、実質半額ほどで購入できる寸法です。
・・・と言ってもSteamなので、正式リリース後も四半期ごとのセール時には半額とか、7割引とかになるんですけどね。多分。

ともかくも、待ちに待った新作Assetto Corsa Competizione(以下ACC)、まだベータ版なのでVR未対応かつオンライン対戦もなし、それどころか車種はランボルギーニ・ウラカンGT3のみ、コースはニュルブルクリンクGPのみという、フツーの人なら2500円も払わない内容でしかないのですが、旧作ファンとしては色々と比較しながらあーだこーだ議論できるネタ提供されたわけで。
一応、旧作にはない要素、夜間走行とレインコンディションは初めから搭載されています。(時間は進むので明るさ変化はあるが、天候変化はまだない)

まずは旧作との直接比較のため、昼の晴天で単独走行をテスト。
とは言えVRがまだ出来ないので、ACでも非VRモードでしばらく走ってからACCと比較。
うむ、まずエンジンの掛け方が分からないw
ACではイグニッションという要素がなかったので、エンストすらしなかったのですが、ACCはちゃんとイグニッションをONにしてからスターターを回さないとエンジンが掛からない。
どのボタンにそれが割り当てられているか分からなかったので、色々押しながら、ググりながら、ようやくエンジン始動成功。ふう。

走り出すと、ACとACCの違いが如実に分かりました。
とにかく情報量が多い。
これまでもACのフォースフィードバック(FFB)によるエフェクトは定評がありましたが、ACCはさらにその上をいく緻密さ。
路面や縁石の抵抗感、シフトショックや重力加速度(G)による圧力、タイヤのフラットスポットによるガタガタした振動までは、これまでのACでも再現されていましたが、
それに加えて、縁石に乗り上げた時のタイヤのたわみまで再現されているのはすごいリアリティです。
もちろんどこぞのレースシムのように、タイヤのたわみを物理計算しているほどではないと思いますが(これをやり出すと計算量が半端なくクソ重くなる)。

ただ、実際ACCはかなり重くなっていました。
ACでは非VRモードの最高設定で、ウチの環境で平均90fpsくらいは出ていたのですが、ACCでは同じような設定で平均30fpsくらい、1/3程度のフレームレートしか出ていない。
クルマの挙動計算が緻密になっていることも起因しているでしょうが、やはりグラフィック要素もかなりありそう。
これまでは簡易なポリゴンで描かれていたコースサイドオブジェクト(タイヤバリヤとかガードレールとか)が、カメラを寄せてもリアルに見えるくらいにデータ量を割いているし、もちろん、夜間走行とかがある分、ヘッドライトが実際に光るので、光源計算とかにも負荷がかかっていそう。
(ちなみにACの方もMODの導入で、ヘッドライト点灯しての夜間走行も出来るようになった)

案の定、10月の定期アップデート(ACCのアーリーアクセス版は来年2月まで、毎月定期アップデートが予定されていて、その後正式リリースとなる)で待望のVRモードが搭載されると、もうウチのGPUでは耐えられないことがわかりました。
3年前にOculus Rift DK2のために導入したGeForce GTX980でしたが、VR ReadyではないGPUとしてはこれまで頑張ってきた(まあACとETS2みたいな古いゲームしか常用してないけど)ものの、さすがに最新のゲームではキツイ。
なんせFHDの非VRモードで最高設定とはいえ30fpsしか出ないんだから、より高解像度なVRモードで90fpsとか出るわけない。
単独走行時はまあなんとかなるものの、レースとなるとライバル車が20台弱でもガックガクで全く走行できない。
設定をかなり下げても40fps程度しか出ないので、かなりコマ落ちしていてやはりまともに遊ぶ気にならない。

まあ、アーリーアクセスなのでグラフィックの最適化が出来ておらず、正式版ではもう少しまともに動くようになる可能性もあるけど、とりあえず今ゼンゼンダメだし、いずれにしろ3年前ですらハイエンドじゃなかったGPUでは、これからが心配だし快適に遊べないとストレスも溜まるので、やはりGPUをアップデートすることにしました。
9/20に例の最新型GeForce、RTX20シリーズが発売開始しましたが、ハイエンドの1つ下のRTX2080ですら国内価格13万円以上。
1週間後の9/27に遅れて発売された現時点のハイエンド、RTX2080Tiはなんと19万円弱ということで、予想を上回る価格帯でした。
2080は699ドル、2080Tiは1199ドルのはずなのだが・・・国内代理店のピンハネが相当ありますねこれは。
それならAmazon.com(米アマ)で直接買えればいいねんな、ということで発売前からウォッチしていましたが、RTX2080が789ドルで予約受付されていたものの、Tiは検索してもヒットせず。
結局発売後も同様の状況で、せっかくならTiがいくらで買えるか分かってから検討したいと思い、しばらく待ってみましたが状況変わらず。
やむなしに国内のAmazon.co.jpで検索していると、他の2080Ti製品が軒並み18.5万〜20万のところ、16.5万という製品を見つけました。
有名なZOTACやGIGABYTEやASUSやEVGAとかじゃなく、Colorfulとかいう怪しいカードメーカー製。
まあ予想通り中華製な訳ですが、最近は中華製でも品質に特に問題ないどころか、下手な国産よりマシなものも多いので・・・
(3Dプリンタとかはほぼ中華製だし、スマホのHUAWEI、OPPOやドローンのDJIなど世界トップレベルメーカーも多数ある)
ということで、2万円を惜しんで中華製を買うことにしました。
尚、メーカー直販ではなく代理店経由ですが、代理店自体も本国らしく、注文後若干覚束ない日本語のメールが来て、
どういう商品か分かってるかとか、初期不良受付は到着後48時間だとかの確認がありましたが、すべてYESと答えて3週間後、16.5万円のグラボが届きました。

最近のPCパーツはいろいろ光り物が多いらしく、中身が見えるケースも多い訳ですが、このグラボも例に漏れず光ってます。
まあ動作確認もあるし、ミニタワーケースでは冷却不足も怖いので、しばらくの間フタは開けとくことに。

とりあえずGTX980からグラボを差し替えただけの状態で、ACCをプレイしてみます・・・
1台走行のVRモードで最高設定出せなかった前グラボでしたが、さすが2世代後の最新且つハイエンドのGPUなら問題なくなりました。
とは言え、ライバル車20台のAIバトルでは、ヘアピンなどの視界がグルっと動くような場所だとカクカクするので、諸々設定を下げてやっとまともに動くようになりました。
なぜか、各エフェクトは下げる必要はありますが、解像度は倍の200%とかにしてもあまり負荷が上がらない。。
エフェクトを上げるより解像度倍の方がはるかに画質が上がるので、これならショボい画質には見えない。

がしかし、現状ハイエンドのGPUなのに、ちょっと悲しいカンジなので、もう少し調整してみますか。
 
 
-No.779-にコメント

  2018年 9月23日 
【DIY】もろもろ改造・修理【ガジェット】【マンション】
  ひる
それにしても今年の夏の自然災害の多さといったら。
特に西日本は、6月の大阪地震に始まり、7月の西日本大水害、8月の台風20号に9月の21号(日本史上最強)と毎月のように会社が休みになる始末でした。
それに災害ではないものの夏の酷暑も史上最強レベルだったし、あまつさえ台風21号の翌々日には北海道で震度7って・・・地球さん、もう勘弁しとくんなはれ・・・

その中で自宅に被害があったのは唯一、台風21号でした。
まあ、家屋そのものに被害があったわけではないけれども・・・

入居直後に購入した木製のベランダ収納に収まり切らない工具等が散らばっていて、大雨や台風のたびに風で飛ばされないよう室内に仕舞うのが大変だったので、ベランダ収納を拡張しようと思い立ち、8月のお盆休み中に完成させようと頑張りました。
毎日酷暑の中、15分ごとに室内で休みながら・・・汗まみれになったのに全然体重は減ってないけど・・・

そして一応完成したのがコレ・・・見てのとおり無塗装の部分が拡張したところで・・・なんか歪んでますが。
なんせあまりの酷暑で作業が思うように進まず、急いでやった結果・・・ではなく目盛り読み間違いの結果です。
とにかく自分は元来、ちゃんと図面を引こうが何しようが、素材を測って切断・穴開け位置の目盛りを打ち間違うことが多くて、ホント頭おかしいのかと自問するほどでして。
例えば、25.7cmの位置に目盛りを打つつもりが27.5cmに打ってたりすることがよくあるのです。
で、今回も長さを計り間違えていて、ベランダの梁いっぱいまで拡張するつもりが10cm足りず少し余っています。
まあこれはもういいや、で済む話でしたが、歪んでいるのは別の話。
元々の収納の屋根が後ろ下がりに斜めっていて、その上に斜めに切った板を載せて拡張しようと高度なことをした結果、失敗しただけです。
でもまあ、一応雨風はしのげるし、予定より10cm低いけど拡張はされたし・・・と思って完成としていたのですが、そのわずか半月後の台風21号であえなく破壊されました。

当日は11時に会社を退社して自宅待機となったので、リビングで悠々と写真の整理でもしていたのですが、14時過ぎ頃、風が強くなってきて少し心配になってきたところ、あまりの強風にベランダ収納が持ち上がり、前にぶっ倒れたのです。
そのときに物干し竿1本が犠牲になりましたが、幸いベランダの柵は小さなキズレベルで無事でした。
が、もちろん収納は特に拡張した部分がバラバラに。
収納の中身も一部、軽いのが風に飛ばされてどっかに行きましたが、強風の中なんとか落ちそうな荷物を助け、風が収まってから倒れた収納をなんとか起こし(中身が無茶苦茶重いのだが、扉側が下なので開けて取り出すことが出来ず)、改めて作り直すことにしました。

まず、斜めに木を切るのは難易度が高いので、一旦オリジナル部分の斜めったところを平らに削りました。
そうすれば真っ直ぐの木材を載せるだけだし。
んで、載せる拡張部分も今度はちゃんと天井ギリギリになるように、尚且つ安普請な作りだったのを少しでも頑丈にしようとしています。(前のはぶっちゃけ四隅を囲っただけだった)
天井ギリギリにしとけば前に倒れようにも引っかかって倒れないし。(拡張部分だけ千切れたら知らんけど)
それと足部分を調整して、後ろ下がりにして前に倒れにくくしています。

そして今回はちゃんと似た色で塗装も施し、リベンジ完成しました。
ちなみに横に取り付けたLED照明は大電力50Wもの。ベランダの反対の端にも同じものを取り付け、計100W(電球換算で1000Wクラス)の明るさで、真夜中でも作業できます。
台風で飛ばされる前は付いていた収納用の照明がなくなってしまったので、別のLED照明を庫内に取り付けています。
照明その他の電源タップは以前は庫内に仕舞ってましたが、アクセスを良くするために収納サイドへ移設。
もちろん、雨風でも濡れ難いようガードを施して下向きにしています。
で、今回のDIYで活躍したのが、以前から買おうと思っていた折りたたみ式の作業台。
木材を切るときに固定できる台がなくて、これまで難儀していましたが、やはり作業台があるとラクです。
しかもご覧の通り完全に平面に折りたためるので、使わないときも邪魔にならない。
あ、もちろん折れた物干し竿も買い換えました。

ちなみに今回の作業のせいでDIY熱が高まり、最近は室内用もいろいろ作っています。
ベッドの宮部分とか、コクピットサイドの肘掛けやら交換用ステアリングホイール・Oculus Rift置きの棚とか。
相変わらず歪んでますが、作業台や真っ直ぐ切れるガイド付きノコギリとか真っ直ぐ穴開けできるドリル用ガイドとかも揃えて、そろそろいい加減まともなモノが作れるようにしたいと思います。

さて、そんなことをしていたら昔のiPhoneのバッテリーがイかれました。

今は目覚まし用として活躍しているiPhone5です。
先週寝る前に気づいたらバッテリーが膨らんでいて、液晶画面が盛り上がっていました。
それでも稼働はしましたが。
何年か前、当時既に引退し、ペット監視用の監視カメラとして活躍していたiPhone3GSも同様に急にバッテリーが膨らんだことがあって、大体購入から5年もするとこういうことになるようです。
これで5も逝ったか、目覚ましどうしようと思い、とりあえずその晩はもう1台有休しているiPhone6Plusで凌ぎましたが、そういえばiPhone6Sみたいに互換バッテリー売ってないかな?と思ってAmazonで探すと、すぐに見つかりました。
相変わらず中国製の質の怪しいのも多いので、前回自分のとヨメの6S用に買って快調に動作している、日本製(日本の企業企画の中国製造もの)DIGIFORCEのヤツにしました。1580円。
ちなみにちょっと前からホームボタンも壊れて使えなくなっていたので、それも探したらなんと送料無料280円(且つ翌日配達)であったので買っときました。
工具は6S用バッテリーフルセットのヤツがそのまま使えるのでバッテリーのみ買いましたが、そうすると説明書も付いてないけど、試しに開けてみると6Sより簡単に外せそうだったので。

底面の特殊ネジ2個を外しただけで、画面は既に盛り上がって隙間があるので、吸盤で少し持ち上げるだけで開きました。
6Sはバッテリー下部のTAPTICエンジンを外さないとダメでしたが、5は特に邪魔になるものもなく、バッテリー用両面テープの端も見て分かるレベルで、出ている部分を引っ張るだけで外せました。
ご覧の通りパンパンに膨らんでいます。
で、DIGIFORCEの互換バッテリー(同容量)を、付属の両面テープを敷いてから載せて端子を接続するだけで、あっさりと稼働状態に。

ちなみに壊れていたかと思われたホームボタンですが、分解状態で稼働テストをしたところ、何の問題もなく動作していたのでそのまま蓋を閉めました。
せっかく買ったのにムダになりましたが・・・まあ280円だし、いつか本当に壊れたら使えるから。

で、よくよく考えたら、ホームボタンが効かなくなった原因が分かりました。
ホームボタンと基盤との接点はハンダではなく接触しているだけ(ボタンは画面側なので)。
で、バッテリーが少し膨らんだだけで、気づかないレベルで液晶画面側が持ち上がり、接点が絶たれる構造になっている訳です。
つまり、ホームボタンが急に効かなくなった=バッテリーが膨らみ始めたという警告な訳です。
多分他のiPhoneも基本的には同じようになっているようなので、ホームボタンが効かなくなったらバッテリーヤバイぞということですね。(もうホームボタンなくなりつつあるけど)
まあどうせ今のiPhone6Sももうしばらく使うし(まだまだ買い換えんぞワシは)、iPhone6Plusもバッテリーは変えてないし、覚えておくとします。
 
 
-No.778-にコメント

  2018年 8月23日 GeForce RTXシリーズ発表!
  2018年 2月22日 【PC】新作発表!!【AssettoCorsa】
  2018年 1月 7日 【Audio】AVアンプが壊れる・・・
  2017年12月17日 【iPhone】iPhone6sのバッテリー交換
  2017年11月19日 【コクピット】Fanatec導入・・・
  2016年12月14日 【ネコ】新しい猫がやって来た
  2016年 6月 5日 【PC】Simvibe導入!【コクピット】
  2016年 5月29日 【PC】Oculus Rift CV1 + Assetto Corsa!【VR】
  2016年 4月17日 【PC】Oculus Rift来ないけど、なんか快適【Windows10導入】
  2016年 3月23日 【PC】ついにMODを始めました【Assetto Corsa】
  2015年12月 6日 【自炊日本語字幕】ゲティスバーグの戦い ディレクターズカット
  2015年11月27日 【自炊日本語字幕】ゲティスバーグの戦い、再び
  2015年11月11日 【ガジェット】Fire TV Stick使用感
  2015年10月31日 【Amazon】Fire祭【プライム特典】
  2015年 9月26日 【iPhone】iPhone6s購入
  2015年 9月23日 【PC】かなり致命的に壊しかけた・・・
  2015年 9月11日 【iPhone】iPhone6s/6s plus 発表
  2015年 7月17日 【PC】Euro Truck Simulator 2【トラック野郎】
  2015年 7月 4日 【PC】Assetto Corsa徒然
  2015年 5月30日 【PC】いろいろ不具合解消(Assetto Corsa用)
  2015年 5月 2日 【MacBook】新しい12インチMacBookはどないや?
  2015年 4月 4日 【PC】Oculus Rift DK2とやらいうもの
  2015年 3月21日 【PC】ついにクアッドコアへ【紆余曲折】
  2015年 2月22日 【シマコ】アレルギー?【ハンコン】ペダル交換
  2015年 2月11日 【ハンコン】Ferrari F1ホイール大改造劇的ビフォーアフター!
  2014年12月23日 【ハンコン】シフトインジケータ導入!
  2014年12月21日 【ハンコン】Hシフト導入!クラッチちょっと修正
  2014年12月14日 【rFactor】T300RS導入・・・【ハンコン】
2019
5 
2018
12 11 10 9 8 2 1 
2017
12 11 
2016
12 6 5 4 3 
2015
12 11 10 9 7 5 4 3 2 
2014
12 11 10 9 8 7 4 3 2 1 
2013
12 10 9 8 7 6 5 4 2 1 
2012
12 11 10 9 7 6 5 4 3 2 1 
2011
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 
2010
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 
2009
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 
2008
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 
2007
12 10 9 8 7 6 5 4 3 1 
2006
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 
2005
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 
2004
12 11 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 
2003
12 10 9 8 7 6 5 4 3 2 1 
2002
12 11 7 6 4 3 2 1 
2001
12 11 

 
OEdiary v1.02 - KappaNuma